税金の支払いはダイレクト納付が便利です

みなさんは税金の支払いはどうしていますか?

 

100%電子申告をしている当事務所では

お客様の時間的負担、金銭的負担を減らため

ダイレクト納付をお勧めします。

 

私なりに、支払方法による長所と短所をまとめてみました。

(国税について、法人と個人事業主の方を対象に説明しています。)

詳しく知りたい方は国税庁のHPで「国税の納付手続」をご覧ください。

 

① 窓口納付

納付書を持って、銀行などで支払いをするので確実です。

納付した証拠として、銀行の受領印がある納付書が手元に残るので安心です。

でも、時間内に銀行に行かなければいけません。

 

② 振替納税(事前に届出が必要)

指定した口座より、決まった期日に引落しされます。

毎年確定申告をしている個人事業主の方にはお勧めです。

でも、個人の所得税と消費税しか使えません。

 

③ ダイレクト納付(事前に届出が必要)

指定した口座より、指定した期日に引落しされます。

法人の方にお勧めです。

特に毎月納付する源泉所得税がある場合は、便利ですよね。

でも、電子申告をしていないと使えません。

※ 荻原真知子税理士事務所は、100%電子申告なのでお任せください!!

 

④ 他の納付方法(事前の届出は不要)

・クレジットカード納付

納付税額応じた決済手数料がかかります。

・インターネットバンキングから納付

法人の場合原則としてネットバンキング口座は、毎月銀行手数料がかかります。

なお電子申告をしていないと使えません。

 

※ ネットバンキングは、当事務所がお勧めするJDLの会計ソフトと同期します。

入力の手間が減りますし、口座があると便利です。

 

Follow me!